条例に関する主なQ&A その1|交通事故から家族を守る大事な保険の口コミサイト

HOME   >   条例に関する主なQ&A その1

条例に関する主なQ&A その1

東京都の自転車条例

東京を走る自転車 東京都では自転車を安全で適切に利用するための条例が制定されました。なぜこのような条例が制定されたのでしょうか。

自転車という乗り物は、環境にやさしく、健康にもよい、子供からお年寄りまで乗れる便利なものです。通勤や通学などで使われることも多く、また主婦層では買い物に毎日のように使っていることでしょう。

ただ、そのような利点がある一方で、年々自転車事故の件数が増えてきているのが実態で、一部の自転車利用者の中にはルールを無視して危険な運転が社会的に問題視されています。

そこで東京都は交通ルールや自転車の整備、点検という自転車を利用する人が守るべきマナーを条例として定めることにしたのです。地域に暮らす人々が皆、安全かつ安心して生活を送れるために、自転車のマナーを条例として制定しました。

自転車利用者のマナー

この条例では自転車を利用する人のマナーについても定められています。交通ルールを守り、安全に利用することが記述されています。実際にはどのような点を注意すれば良いのでしょうか。

交通ルールを学ぶ

東京都が定めた自転車安全利用指針を利用し、交通ルールを学ぶこと。

整備や点検が行われた自転車を使う

年に1回は自転車店により、自分の自転車の点検や整備を受けること。

保険加入の促進

ヘルメットを着用し、事故の際の怪我防止に努めること。また、夜間では自動車から自転車を発見しやすくするため、反射板など自転車に乗っていて身を守れる安全装具を取り入れること。

ヘルメット着用、安全のための器具を取り付ける

自転車事故に備えて、自転車保険に加入することをすすめています。過去の自転車事故の事例では、損害賠償請求が高額であるため、個人でまかないきれないことが多く見られています。そのため、保険に加入しておくようにしましょう。自転車保険以外にも、傷害保険や自動車保険に個人賠償責任補償というものが付帯されているケースもあるので、そちらも確認しておくと良いでしょう。また、家族のいる人は、家族も守れる保険を選ぶ必要もあります。

TOPページ
PAGE TOP