自転車保険を選ぶコツ|交通事故から家族を守る大事な保険の口コミサイト

HOME   >   自転車保険を選ぶコツ

自転車保険を選ぶコツ

自転車保険は保障で選ぼう!

自転車をおす女性 自転車の事故でも高額な賠償請求がなされる場合があります。

自転車事故は自転車に乗っていて、自動車に接触し、自分が怪我を負うこともあります。しかし自転車自体もそれなりにスピードが出る乗り物です。逆に歩行者にぶつかり、自分が加害者になるケースも大いにあるのです。

加害者となった場合、特に子供は危機感が薄いです。自分の子供が自転車に乗っている間、親が付いて回ることは出来ません。特に中学生や高校生にもなると、体は大人とそれほど変わりませんので、スピードを出して乗ることもあります。

そのような際に事故を起こして加害者になってしまった時、被害者の怪我をカバーしてくれるのが自転車保険です。自転車保険選びのコツは補償内容につきます。家族がいるのなら家族型を、賠償責任についてしっかりしておきたい方は賠償責任を、自分の入院や怪我について補償が欲しい方は入院金や通院金が充実したものを選びましょう。

昨今、自転車保険が見直され、大々的に大手の保険会社が自転車保険を売り出しています。しかし、ブランドに引かれて何も考えずに加入してしまうのは間違いです。小さな会社でもしっかりした補償があれば充分です。大きなブランドは保険料が高い傾向があります。ですから、小さな保険料で大きな補償を、しっかり確認して加入しましょう。

クレジットで代用出来るケースも

ところで、個人賠償については、自転車保険にわざわざ入らなくても実はすでに加入していた、ということはご存知でしょうか。

あなたが加入している全ての保険を見直してみて下さい。その中に特約として個人賠償がついていませんか?その場合、個人賠償は特別必要ではなくなります。その保険でカバー出来るのであれば充分でしょう。

また最近のクレジットカードに個人賠償が付帯されているケースもあります。自分の利用しているサービスを、今一度じっくり確認しておきましょう。

ただし、自転車に対する補償に関しては、その他の個人賠償でも補えないケースもあります。例えば高級なマウンテンバイクだったり、ブランドの自転車だったり・・・。自転車そのものに保険をかけたい場合は、TSマーク赤色が良いでしょう。整備するだけで自動付帯されますので、ブランド自転車や高級自転車を乗っている人は、整備や点検の折に加入しておくと安心です。

TOPページ
PAGE TOP