オススメ方法③補償範囲で比べてみる|交通事故から家族を守る大事な保険の口コミサイト

HOME   >   オススメ方法③補償範囲で比べてみる

オススメ方法③補償範囲で比べてみる

個人型と家族型に分かれる

家族 自転車保険は、被保険者が自転車に常用中の事故に対して保険金が支払われる保険です。走行中や所有、偶然な事故による傷害を負った際や他人に怪我を負わせた際の賠償金、他人の財産に損害を与えた場合に保険金が支払われます。

自転車保険の特徴としては、日本で起こった事故に限定されています。個人型と家族型があるのが特徴で、補償範囲も各保険会社によって異なります。家族型は1枚の保険証券で家族全員の自転車による事故をカバーしてくれますので、家族がいる方は家族型の自転車保険に加入しておくと安心です。

特に小さな子供がいる家族の場合ですと、子供がなんらかの事故を起こさないとは限りません。大人と違い、子供の注意力は散漫です。ですから、自分自身の補償も大切ですが、家族を守るために家族型の自転車保険を考慮することは大切なのです。

親族の範囲について

家族型と言っても、各保険会社によって親族の範囲は多少異なります。

DeNAトラベル(旧エアーリンク)とチューリッヒを例にあげてみましょう。

被保険者本人、または配偶者と生計を共にし、同居している親族。

被保険者本人、または配偶者と生計と共にし、別居で未婚の子供

このようなルールで「家族型」として保険金が支払われる対象となります。分かりやすく言えば、一緒に生活していなければ保険金は支払われないことになります。家族型の大きなルールの1つに同居していることがあげられます。

ただ、未婚の子供は補償範囲に入っていますので、一人暮らしの学生や上京している子供についての自転車事故はカバーしてくれます。各保険会社について家族の定義は異なりますので、気になる方は一度各公式ホームページにて詳しくチェックしてみて下さい。

TOPページ
PAGE TOP