オススメ方法①個人賠償で比べてみる|交通事故から家族を守る大事な保険の口コミサイト

HOME   >   オススメ方法①個人賠償で比べてみる

オススメ方法①個人賠償で比べてみる

怖いのは相手に怪我をさせたとき!

自転車で走る女性 自転車保険が昨今見直されている背景には、自転車事故が多発しているというデータがあるからです。中でも自転車事故における過失により、賠償責任が求められることが多く、その金額がかなりの高額であるために、自転車保険は今、注目を集めているのです。

自動車の運転と比較すると明らかに安全な乗り物であるはずの自転車。しかしちょっとした不注意により1000万円以上もの賠償命令が出ることがあります。

自分の怪我に対する治療費というものは、よっぽどのことがない限りはなんとでもなるものです。医療保険に未加入の人であっても、公的医療制度があります。大怪我をして入院しても、自己負担額の上限が定められているので、月に9万円程度で済むのです。それ以上負担した場合は高額医療制度というものにより、返還されます。もちろん9万円は大変大きな金額ですが、過去の賠償命令事例では女子高生の起こした自転車事故でおよそ5000万円以上もの賠償命令が出たケースもあります。これに比べると自己負担の9万円がいかに安く済むかお分かりでしょう。

個人賠償額で選ぶとどうなる?

さて、では個人賠償が大切ということが分かったところで、おすすめしたい自転車保険をご紹介します。おすすめの自転車保険の個人賠償金額の上限を比較してみました。

TSマーク赤色 5,000万円
au損保 2億円
ちゃりぽ 1,000万円
セブンイレブン 1億円
チューリッヒ 5,000万円

どうでしょう? 個人賠償金額の上限が個人賠償金額の上限が2億円のau損保や1億円のセブンイレブンは魅力ですね。

しかし保険の賠償額があがると月々の保険料も上がる仕組みになっています。その点ではTSマーク赤色は年間2,000円程度の保険料で5,000万円の補償があるので、しっかりしていると同時にリーズナブルでもあります。

賠償請求が1000万円を超えるケースは、年間でも数件しか発生していません。ですから、備えるのであれば、最低1,000万~5,000万円の個人賠償がついた自転車保険を選択するほうが安心です。ただし、過去の事例で5000万円の請求があったケースもありますので、心配な方は5000万円以上の補償がついた自転車保険を備えておくとさらに安心です。

TOPページ
PAGE TOP