交通違反の対象となる自転車|交通事故から家族を守る大事な保険の口コミサイト

HOME   >   交通違反の対象となる自転車

交通違反の対象となる自転車

交通違反となる自転車の例

夜間の道路 交通違反となる自転車とはどういうものがあるのでしょう。主に、乗り方が、交通違反の対象となるようです。

■酔っ払い運転・・・5年以下の懲役、または100万円以下の罰金

■夜間無灯火運転・・・5万円以下の罰金

■2人乗り運転・・・2万円以下の罰金

★この2人乗り運転に関しては、幼児用の補助椅子をつけた幼児を乗せての運転はルールとして守られていますので、当てはまりません。

■傘をさして片手運転・・・3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

■携帯電話の使用・・・3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

■信号無視・・・3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

■一時停止無視・・・3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

■故障したままの自転車に乗る・・・5万円以下の罰金

以上のような細かいルールが自転車には定められています。あくまでもこれは一例です。これ以外にももっと様々な交通違反対象となる自転車の乗り方があります。例えば徹夜や睡眠不足でフラフラ野状態で乗ることも規則違反となります。自転車を追い抜く際に左側から抜けば、これも懲役または罰金刑が科せられます。

携帯電話の使用に関しては、道路交通法では決まっていませんが、安全運転義務違反というものにひっかかります。

また、意外に思われるかもしれませんが、故障した自転車に乗ることも、交通違反の対象となります。ハンドルやブレーキなどといった、操作を確実にするためのものが壊れたまま乗っていると、規約に違反することになります。自転車の違反の怖いところは、前科がすぐについてしまうという点です。自動車のような反則キップがありませんので、現行犯逮捕されれば、すぐに前科がつきます。前科がつけば、職業を選ばねばならないケースも出てきますので、大変注意が必要となるのです。

TOPページ
PAGE TOP