主な自転車事故の原因|交通事故から家族を守る大事な保険の口コミサイト

HOME   >   主な自転車事故の原因

主な自転車事故の原因

自転車事故はどうして起こる?

スポーツタイプ自転車 自転車事故は年々増加傾向にあるようです。毎年死亡者をはじめ、自転車に関わる大きな事故が全国で起きています。

自転車事故は一体何故起こるのでしょう。その原因は何なのでしょうか。それは、自動車と同じく、スピードの出しすぎや、わき見運転といったものがあげられます。

近頃では乗っている自転車の種類も大変増えてきました。普通のタイプの自転車以外にも、マウンテンバイク、電動自転車といったものに乗っている人を街中でよく見かけます。スピードの出る競輪タイプの、ブレーキがついていない自転車が増えたことや、スピードを出しすぎて乗っている人が増えたことが自転車事故の被害を大きくしているのです。

その他主となる自転車事故の原因

他にも、自転車事故の原因になる行為をしている人は大勢います。

・携帯電話で話しながら自転車に乗っている

・ヘッドホンで音楽を聴きながら自転車に乗る

このような人達は、会話や音楽に気を取られています。その結果、事故を起こしているというケースも珍しくないのです。

自転車の2人乗りや3人乗りも自転車事故が起こる原因の1つと言われています。特に保育園に子供を送り迎えする母親などは、通常の自転車に子供が座るための補助椅子をつけています。前後に子供が乗ることでバランスが悪くなり、転倒しやすくなったり、ぶつかりやすくなったりします。

さらに自転車に乗っている人のマナー違反も取り上げられています。交通ルールやマナーを守らない人が多いのです。これが自転車事故に繋がると言われています。

自転車に乗る際にはスピードの出しすぎに注意し、わき見運転を避けること。そしてマナー、交通ルールを遵守することが大切です。

TOPページ
PAGE TOP