自転車を守るTSマーク|交通事故から家族を守る大事な保険の口コミサイト

HOME   >   自転車を守るTSマーク

自転車を守るTSマーク

自転車保険の代わりになる保険はあるの?

TSマーク 自転車保険に加入する以外に、自転車事故を起こした際に補償してくれるものはあるのでしょうか。

保険という名前ではありませんが、「TSマーク」と呼ばれるものがあります。これは、基準をクリアした自転車なら自転車にあらかじめ貼られていることが多いです。TSマークのTSとは、交通安全の略称です。

名前の通り、自転車を安全に利用するために出来た制度で、自転車の整備士が自転車を整備、点検した際に、安全だと確認出来ればこのマークを貼ってもらうことが出来ます。このTSマークは、自転車安全整備店の看板がついている自転車店舗のみで取り扱いがされています。自転車を新たに購入する際や、乗り換える際は、このマークのついているお店を選んで、TSマークの貼られた自転車を購入すると安心です。

肝心の補償額について教えて!

TSマークにはTSマーク保険という付帯保険がついています。しかし、その補償内容は損害賠償で最大5,000万円ですが、被害者見舞金は15日以上の入院で対象となります。ですから、その他保険会社の自転車保険と比較すると、若干補償内容には不安が残ります。

また、最近の自転車事故では高額な賠償請求をされることも少なくなくなってきています。ですから、TSマーク付帯保険だけでは補いきれないという点もデメリットではあります。しかし保険料を払う必要がなく、補償を受けられるので、ないよりはあったほうが断然良いと言えます。

ただし、TSマークにも注意点があります。それは有効期限があるという点です。TSマークの有効期限は整備、点検した日から1年間です。普段、日常的に自転車に乗っている人でも、1年ごとに整備や点検に自転車を出す人は少ないのではないでしょうか。最初に購入した時点でTSマークが貼られていても、そのまま整備や点検に出さずにずっと乗っていて、事故を起こしてしまっては、このTSマークは役に立ちません。TSマークを活用するなら、1年ごとの点検や整備、再加入を忘れないようにしましょう。

TOPページ
PAGE TOP