自転車保険とは?|交通事故から家族を守る大事な保険の口コミサイト

HOME   >   自転車保険とは?

自転車保険とは?

賠償額は5000万円以上!入っておきたい自転車保険

自転車保険をすすめる女性 自転車保険が昨今見直されています。それは何故なのでしょうか。それには、最近の自転車事故の発生状況を把握しておく必要があります。

警視庁がまとめた調査によると、平成23年度の自転車事故の件数はなんと14万4018件にものぼります。交通事故全体の割合から見ると、5年連続で2割をこえて、増加傾向にあるのです。また、自転車乗用中の全負傷者数はおよそ14万人。これは交通事故全体の死傷者数の16パーセントを占めています。そのうちの4割は若者というデータもあります。

自転車事故の原因として多くあげられるのが、自動車との出会いがしらでの衝突、左折時の事故や、歩行者と接触する事故なども多く見られます。ちょっとしたわき見運転でそのような事故を起こしてしまうのです。万が一加害者になってしまった場合、莫大な額の損害賠償が請求されることになります。その額は、5000万円前後と言われています。とても個人では補いきれない額です。自転車保険はそのような事態から身を守るだけでなく、被害を負わせてしまった方への償いをするための保険なのです。

保険会社の多くが積極的ではない?

実は自転車保険に関して言えば、自転車単体につける保険として保険会社が売り出す商品はあまり積極的に販売されていません。何故かというと、補償内容は充実しているけれど、保険料は安く、事故件数が多いのであれば、保険会社としては儲けが少なくなるからです。

そこで各保険会社が打ち出しているのが、自転車向けプランと銘打っている交通事故障害保険プラス個人賠償責任保険のセット販売です。この保険は自転車事故だけでなく、電車や自動車、エレベーターやエスカレーターに乗っている際の事故に関しても補償してくれるところが特徴となっています。

各保険会社では様々なプランを打ち出していますから、加入する際に比較したいのは補償内容や金額のバランス、個人や家族型などといった部分でしょう。保険料については最近では月額100円から加入出来る手軽なものも増えてきました。月々の保険料、どこまで保険でカバー出来るのかをよく考えて加入を決めましょう。

TOPページ
PAGE TOP